スポンサーリンク

LUUPの電動キックボード乗ってみました

ネタ
スポンサーリンク

LUUP乗ってみた

LUUP
Luupは、電動・小型・一人乗りのマイクロモビリティのシェアリング事業を通して、日本に新しい短距離移動インフラを創ります。

正確にはLUUPの電動キックボード。

これは普及して欲しいですね❗

乗ってみたので感想をレビューします(^_^)/

#LUUP でライドを完了しました LUUP appリンク https://luup.onelink.me/Myjb/share

招待コード「RF7EHWZC」でライド30分無料のクーポンがもらえます。

乗り方

①アプリをダウンロードする。

②クレジット情報などを登録をする。(キックボードの場合、免許の写真とテスト的なものあり)

③近くのポート(置場)を探す。

現在は渋谷、新宿、六本木エリアのみ

④乗りだし可能な車両を確認する。

⑤車両のQRコードをアプリのロック解除から読み取るか、アプリのロック解除からIDを入力する。

⑥目的地のポート(置場)を選択する。

後で変更可能。

⑦イッツライド(^_^)/

ライド感

原動機付の車両扱いですね。原付バイクとチャリの間みたいな感覚です。ヘルメットは必要ないですが、免許が必要で車道を走ります。

最初に少し足で漕いで、あとはアクセル的なレバーを押せば15キロまで出ます。アクセルのレバーの反応は悪いです(笑)

スピードは出るけど、リミッターが効いていてスピードが出ない感じです。

坂道でも割りと減速しないで走れます。大通りは恐ろしくて走れません(笑)

ブレーキもタイヤもサスペンション的なショックもしっかりしていて安心感があります。

料金

気になる料金は、初乗り10分間110円(税込)

10分以降は1分あたり16.5円(税込)

との事で、9分乗りましたが110円でした。

返却方法

目的地のポート(置場)に着いたら、アプリよりライド完了を押して、置場に置いたキックボードの写真を撮って終了です。そこからクレジットより会計になります。

ライド履歴

金額と、距離、どこを走ったかが履歴で出ます。

スマホの位置情報か車両の位置情報か両方か…

返却するまでスマホにアプリが在中してるので、スマホ側だと思いますが。

まとめ

乗り物としては面白く、便利だと思います。夕方に乗りましたが、晴れた昼とかは気持ちいいでしょうね✨

ただ、充電が良い状態の車両を近くで見つけられれば良いのですが、なかなか難しいです。これから先に車両台数やポートが増えていく事を願います。

クーポンで「LUUP21」で最初のライドが60分無料みたいなので、ぜひぜひお試しください。

追記

東京駅・銀座・日本橋エリアにてサービス開始サービス開始を記念し、全ユーザー対象のクーポン配布♩

2021年10月11日(月)11時より、
東京駅や丸の内・銀座・日本橋エリアにて、LUUPのサービス提供を開始しました。丸の内トラストシティや丸ビルなど主要ポートは東京駅から近くアクセスもしやすい!

このサービス開始を記念し、全ユーザーを対象にライド3回無料クーポン】を配布しますので、ぜひこの機会にLUUPをご利用ください♪

\ 30分ライド×3回無料クーポン /

OTEMACHI

1ライド 30分間 無料 ※30分以降は通常料金が発生いたします。

有効期限:10月31日まで


[コードの登録方法]

アプリの左上のメニュー[≡]>クーポン>「登録」よりご登録可能です。
電動キックボード及び電動アシスト自転車にご利用いただけます。

エリアが拡大しました!

お得なクーポンも出てますので、この機会に乗ってみてはいかがでしょうか?

ではでは

コメント

タイトルとURLをコピーしました